最近のトラックバック

高松市立美術館

母のお供で高松市立美術館へ。
お目当ては「鏑木清方展」。
日本画の女性像で有名な方ですが様々な表現法で描かれていて興味深い。
「水汲」は水汲みの女性がふわっとしたタッチで描かれていて、背景の数珠、いぬたで、おおばこ、つゆくさ、えのころぐさ、よめな、等の野の花が可愛らしかった。
常設展の中に赤瀬川源平さんのトマソン物件の写真展示があって懐かしかったー。トマソン。無用門とか。流行りましたよね。本買うくらい好きだったなぁ。

ランチはやっぱりうどん♪とだんなお薦めの一福に向かっていたんですけど、途中で見つけたオリーブ牛の焼肉ランチに心惹かれてお肉になりました♪
その後商店街を散策しておやつは甘味処で和風パフェとあべかわもち(^-^)
四国名物瓦せんべいをお土産に買って帰りました。

1507814144843.jpg

山本二三展

市立美術館で開催中の山本二三展へお出かけ。
ジブリのアニメの背景とか描いていらっしゃる方で、ラピュタの
雲は二三雲と言われているようなスゴ技の持ち主。。
とにかく美しくて繊細で緻密で。作品点数も多かったのですが
見入ってしまいました
こんな素晴らしい絵が背景でキャラクターの後ろで隠れちゃうのは
勿体ないと思うけれど、こんなに美しい絵だからこそキャラが生きるのでしょうね。。

1507127541833.jpg


1507127542478.jpg

タイトルが長い名画

1505399993184.jpg
コーラスの練習日だけどその前にコープ委員会もやり。
午後からは大原美術館の別館「児島虎次郎記念館」へ。
ベルギーのテーマ展をやっていて。
いつもは本館2階の入り口上に展示してあるレオンフレデリックの「万物は死に帰す、されど神の愛は万有をして蘇らしめん」という長いタイトルの大作が近い距離でみられる位置に降ろされているらしいのでそれを観に。
遠く見上げていた絵を至近距離で鑑賞できて良かったな。
天国のような明るい場面より蘇る前の地獄のような部分の方が精緻な書き込みで好きかもしれない、なんて発見があったり。
9/24までの展示なので行けてよかった。

イムジチ合奏団

1500043994753.jpg

イムジチ合奏団のコンサートを長女と楽しんできました。
もう最初の一音から鳥肌立つほど素晴らしいアンサンブルで。
1stVnのユニゾンの音の合い方ときたら!
弦の響き。ピチカートの音の可愛さ。いちいち感動する。
ブラームスのハンガリー舞曲やグリークのペールギュント、ドヴォルザークのワルツは美しく、ハチャトゥリアンの剣の舞は勢いが素晴らしく。。
武満徹の「他人の顔」よりワルツ、は知らなかったけど映画とかドラマの曲みたいな感じ。。って調べたらほんとにそうだった。

そしてイムジチといえばヴィヴァルディの四季。
だけど私が持ってる昔のイムジチの四季とは全然違ったー。
ポップス曲もライブではCDとは違ってイェーー!みたいなノリでやるけど、、そんな感じ。(え?)

そしてアンコールが驚きの5曲。なんて大サービスな。
ピアソラのリベルタンゴとか新鮮! 童謡の赤とんぼもよかったー。

このメンバーで録音した来日記念CDを買ったら終演後にサイン会に参加できますというので思わず買ってしまった。
12人ぎゅうぎゅう詰めサイン入りのCD♪
そして今聞いているけどやっぱりノリノリの四季なので楽しくてしょうがない。
コンサートマスターの方のソロは悪魔的に妖しく魅力的。
サイン会の時に間近で拝見したらイケメンな悪魔でした(^-^)
1500043995369.jpg


四季の冬は今シーズンの宇野昌磨くんのSP曲。でもこのイムジチバージョンは試合というよりエキシ向きかな(^-^)

1500043995975.jpg

終わってから焼き鳥ばんや、に寄ってご飯。
つくねが美味しかった♪

花形狂言

アルス倉敷(市の文化振興財団)のチケットプレゼントに応募したら幸運にも招待券が当たったので花形狂言を鑑賞してきました。
狂言は、長男の高校であった教育用の芸術鑑賞会を見に行ったくらいで、わかるかどうか、、と少々心配だったのに。
なぜがお笑いライブを見に行ったかのように面白かったぴかぴか(新しい) 

5演目の中で古典は1つ「附子」だけで。有名なこのお話もとても楽しかったけど、新作の「My Sweet home」が一番のお気に入りに( ´∀`)。
「早、倉敷に着いた」と舞台上でちょっと動いてこう言えばそこはもう倉敷、という狂言のお約束を逆手にとって、あっという間に江戸やら京都へ移動しちゃうコントみたいな新作のお話がもうおかしくて。大笑いしてきました。
「狸山伏」では狸に扮しているはずが、、なぜか狂言の歌っぽいアレンジでトトロの歌がなんとなく流れ、、メイ!とか聞こえ。。なになに?ジブリのパロディ!?
公演後ロビーで地震の義援金をお衣装のままで集めていらっしゃったので写真撮らせていただきました。
その、トトロだか狸だかっぽいキグルミの方が茂山千五郎家当主さまです(^∇^)

1486299686897.jpg

外も中も違う大原美術館

昨日外からみたいつもと違う大原美術館。 
今は中もいつもと違うんですよね。 
なので今日は入館して見学してきました。 

受胎告知や睡蓮とかの有名名画が東京出張中で。 
なので蔵出しコレクションが展示されてる。 
見たことない絵画がたくさん。 
でもついつい、ここには踊り子があったはず!とかここはピカソの牛の頭蓋骨のやつがあったよね?と美術館間違い探し目線になったりしてcoldsweats01

中の展示室もマステデコされている部分もあり。 
レアな美術館を楽しみました。 
ミュージアムショップで名画マステもゲットしましたheart01
美観地区の人力車もマステ柄でした♪ 






今日はオケ

昨日は吹奏楽、今日はジュニアオーケストラと、先週に引き続き週末が音楽三昧になってます。 

可愛い姪っ子ちゃん二人はバイオリンをがんばってるんだけどお姉ちゃんはもう高校3年生になるから受験に向けて退団ということで今日が最後の演奏会。 
最後にふさわしい、ベートーベンの交響曲7番で華々しくラストを飾れてたよ。 
お疲れ様でした。 

ここのジュニアオケはなかなかお上手でいつも楽しみにしていますが、個人でコンクールに出てるような子も在籍してるようで、中学生のピアノコンクールで全国1位の男の子が開演前にミニコンサートをやってくれてて。 
思わず、え?ってびっくりするような堂々とした演奏ぶり。ちょっとグッとくるくらい素晴らしかった。 
演奏会の2曲目には小学5年生の女の子がソロをつとめる序奏とロンドカプリチオーソをやってくれましたがこちらも音量こそまだ大きくないものの何か哀愁のようなものまで感じさせる弾きっぷりにびっくり。 

将来輝くであろう若い才能を感じられるいい時間でした。 





倉管定演

午後、倉敷管弦楽団の定期演奏会。
妹はバイオリンをやっていたのに、家にある父のビオラを弾いてあげたい、ということで今回からビオラデビュー♪
楽譜はト音記号でもヘ音記号でもないビオラ記号だし、バイオリンと指の感覚も違うだろうに、よくできるよねぇ!と感心。

今日のプログラムはどれも好きなのばかり。
序曲レオノーレ3番、モーツアルトのクラリネットコンチェルト、ブラームスの2番。
レオノーレは、、ちょっとバイオリン群がバラバラしてたかも。。他のに練習の時間を取られたのかしらウッシッシ 

クラリネットコンチェルトのクラリネットはバセットクラリネットで演奏されてました。ちょっとクラリネットより大きい。
この音がとっても柔らかくて。とっても優しい音色。天使のクラリネット!みたいな?
いやあああ。素敵でした。

ブラームスの2番、がんばってました。なかなかの迫力で。4楽章のフィナーレに向けての盛り上がりとか高まったわー。
前半のホルンのソロ、とか、、チェロのソロ部分(チューニング合ってなかった人いた??)とか、、微妙に残念部分もなくなはかったけど。。でも難曲お疲れ様でした。

写真のお菓子は。。姪からもらった修学旅行のお土産ぴかぴか(新しい) 
中学生は沖縄で、高校生は東京ですって。

いいなあ修学旅行ハート 
お土産ありがとう!

連休は終わりましたが

連休は終わりましたがまた今日も出歩いております。
午前はコーラス。
今日は懐かしの「四季の歌」の楽譜をいただきまして。

でもアレンジしてあるコーラスの合わせ加減がいい感じです。
敬老会でご披露の予定なので懐かし方面の曲なんですね。

終わって次は春の有隣荘一般公開の展覧会へ。
招待券を2枚いただいてまして。。誰か興味がある人がいないかなと思っていたら、最近の新しいお友達が美術方面が好きだって。

ではでは。。とご一緒していただきました。
有隣荘に入るのはその方は初めてだったとかで、楽しんでいただけたでしょうか。
洋風に和風にちょっと中国風な屋根に、っていう趣有る建物で私は好きなんですけどね。
展覧会は現代美術の方で。なかなかの抽象画で。。。
色がキレイかな、とかガラスをキャンバスに合わせてたりするのが面白いかな、とか。鑑賞方法が難しいのでしたあせあせ(飛び散る汗) 

なんだか、いろいろな話が盛り上がり。同じような読書傾向があったり。
いいお友達になれそうで。。どうぞよろしくでございます。。(ここで言う?ウッシッシ

今日は二本立て

午前中は岡山へフェルメール展を見に。
本物じゃない、リ・クリエイト作品の展示なんだけど大人気みたい。
フェルメール好きな人が多いのかな。

あの光と影の表現が印象的だけど、本当はもっと光の当たってる所の色は鮮やかだったとか。
経年劣化っていうかそういうので色が退化しているので、それを描かれた時代の色に戻して再現、みたいな。
本物の画はいじれないので最新技術で再現、それをリ・クリエイトというそうな。

40台前半で亡くなってるせいか、全作品で37点しかない。
本物じゃないし、色が鮮やかなのがいつも見慣れてるフェルメールと違うせいか違和感があるんだけど、本当はこうだったんだ、とか、光の当たってるとこの金属や真珠の輝きが当時はこんなふうに見えてたのかな、とか。
想像するのが面白かったですね。。
なんか絵画鑑賞っていうより、技術を楽しんだような気がしました。。
本物じゃないからか、写真撮影が自由で、、だんなは全作品を撮り込んでました。。(昨日iphoneをおニューにしたので嬉しいらしいウッシッシ

お昼は、野村のデミカツ。なつかし~。でも食券システムになっててちょっとびっくり。

そしてイオンをちらっと見学したら、、急いで倉敷に戻り。
午後はサックス奏者MALTAさんの演奏会。。
これは高校の芸術鑑賞会の保護者枠で聴かせていただきました。。
ありがたいわあああ・・素晴らしい演奏がこんな身近で!
スタンダードな枯葉、とか、フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーンとかよかったああ。。

おまけにN響のトランペット主席の園山さんもゲストで。。
じょんがらペっとっていう津軽のじょんがら節をモチーフに作ったトランペット曲。

なんて軽々とした音。。ぴかぴか(新しい) 
曲も面白かった。

午前中は複製だけど、午後は本物を堪能しましたぴかぴか(新しい) 
 

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ